姿勢が原因で背中のお肉が付きます

背中に脂肪が付く人というのは、背中の筋肉を使っていない人です。

 
よく人から姿勢が悪いと指摘されている人、歩く時首が前に出ているひと、良くしようと思っても、すぐ疲れてきて長時間保てないなどが思い当たる人は、猫背の可能性が高いです。

 
猫背のように前かがみばかりでいると背中が歪み、筋肉の代わりに脂肪が増えていくのです。

 
体が丸まると背中の血行が悪くなり、脂肪を燃やす筋肉も弱くなってしまいます。

 
血行が良くないと脂肪が燃えにくくなったり、排出されなくなった老廃物と混ざりあったセルライトや脂肪が体内に蓄積されていくことになります。

 
デスクワークやパソコンワークを長時間続けている人も、背中の血行を悪くしています。
家庭でも前かがみで机に向かっていたり、パソコンを長時間しているなども同じことです。
背中が丸まることで、首筋から肩、腕、背中全体に肉がつきやすくなるということです。
歪みを正すには、矯正をしていくしかありません。

 
まず、胸を大きく張った状態で腕を降ろしてください。

 
それから、首の付け根を後ろに引くようにしながらあご先も引いていきます。
そうすると両肩先が一直線になり、背筋がピンと伸びた状態になります。
この状態を覚えておいて下さい。

 
常にこの状態を保つことを意識しながら生活をしていけば、猫背の改善・予防につながっていきます。